×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


コンペティション興行 ノア・武道館大会「Challenge!」
…ノアの武道館大会に他団体の若きエースたちが参戦!
純血メンバーによる試合を超えることが出来るか!?



第一試合 タッグ 1/30
佐野・男色ディーノ VS KENTA・中嶋

…ノアで噂の佐野とDDTの男色家が越境タッグを結成!
相手は若くてピチピチのイケメンシューター!


▲序盤、ツープラトン攻撃を出し息のあった所を見せる男色コンビ。


▲ディーノの男色攻撃にキレたKENTAがブサイク、、いやゲイへの


▲膝蹴り!


▲ディーノたまらず佐野にタッチ。佐野1人で2人を相手にする(総受け!?)


▲中嶋のカカト落とし連発でチャンスをつかむ。


▲シャイニングウィザード3連発で一気にたたみかけるが、佐野はクリア。


▲佐野のフットスタンプから、エグ〜い高角度ボムが炸裂!


▲KENTAのカットが成功するも、ディーノにより分断されてしまう。


▲チャンスに佐野は中嶋を羽交い絞めに。しかし、ディーノは無視。何故だ!?w


▲佐野は機転をきかせて丸めこみで3カウント。ディーノはそのままリングを後にした。


▲観客満足度…なんと92%! 若いってイイワ〜。



第二試合 シングル 1/30
タイガーマスク VS 鈴木鼓太郎
…新日のジュニア王者に鼓太郎が挑む! ある意味、タイガーマスクと
ムシキング・テリーの子供のヒーロー対決でもあるのだ1

▲開幕と同時に両者のドロップキックが交錯! 名勝負の予感。


▲鼓太郎のハンマースルーをサマーソルトで華麗にきりかえすタイガー。


▲序盤に入ったキック攻撃から一方的な攻撃が続くことに。


▲タイガーの高角度ジャーマン!


▲鼓太郎、執念でカウント2.9でクリア!


▲タイガーは攻撃の手を休めず、そのまま必殺技の、、、


▲高角度タイガースープレックスでピン。タイガーの強さが際立った試合だった。


▲試合満足度…51% 鼓太郎の見せ場がなかったのが残念。



第三試合 タッグ 1/30
井上・本田 VS 棚橋・中邑

…新日の若きIWGPタッグ王者にノアの名タッグが挑む!
強さか上手さか? 若さかキャリアか? 勝つのはどちらだ!?


▲タナチュウコンビは息の合ったツープラトンでノアの名タッグに牽制。


▲アマレス出身対決は多聞のパワーに分があるようだ。


▲一進一退の攻防が続く中、雅夫がブロックバスターホールドを敢行!


▲タッチして出てきた棚橋に多聞が肩固め。雅夫のアシスト。


▲アシストもむなしく、雅夫が棚橋のボムに捕らえられてしまう。


▲ボムをカットし、袈裟固めで雅夫のアシストをする多聞。


▲フラフラな雅夫に棚橋がスリングブレイドで一刀両断!


▲かいがいしくも雅夫を助けにいく多聞。


▲多聞の活躍に業を煮やした中邑が、禁断のギロチンチョーク! 場内騒然。


▲そして井上組に最大のチャンスが到来! 雅夫が逆さ押さえ込み!


▲多聞がスタンディング肩固めで棚橋の動きを止めるも、中邑切り抜ける。


▲雅夫とタッチに成功した多聞。が、中邑のライガーボムを食らってしまう。


▲耐えた多聞がタモンズシューターで中邑を捕らえる。棚橋との分断にも成功。


▲執拗にシューターを繰り出す多聞。復帰した棚橋があわててカット。


▲棚橋のカットにより技をといてしまった多聞は大の字。そこへ、、


▲中邑のエルニーニョ! しかしニアロープでフォールを奪えず。


▲雅夫にタッチにいこうとする多聞に飛びつく中邑。


▲電光石火の腕ひしぎだ!


▲多聞は思わずタップ。雅夫のカットも間に合わず。


▲試合満足度…79% 多聞大活躍の試合でした。



第四試合 シングル 1/30
菊地 VS 柴田
…ノアとの戦いを求めてやってきた若武者。迎え撃つはノアの火の玉小僧。
ヘビーとジュニアの域を超えた死合いが始まる!


▲危険な蹴りから足首を取る柴田。まさかの秒殺か!?


▲なんとかしのいだ菊池はマフラーホールドで仕返し。


▲さらに蹴りが菊池を襲う。


▲クロス式STFで菊池のスタミナを奪う作戦にでたが、、、


▲耐えられ、柴田がバテてしまう展開に。


▲なかなか起き上がれない柴谷にダイビングヘッドバッド!


▲不意をつかれた柴田は危うく3カウントを取られそうになる。


▲そのまま場外戦にもつれ込むと、柴田がまさかのストレート!


▲菊池が流血してしまう衝撃の展開に!


▲さらに武者返し!


▲信じられないことにドラゴンSPまで繰り出す。そこまでするか!?


▲先にリング内にもどり菊池をあおる柴田。


▲さらにジャンピングハイキックでたたみかけるが、、、、、


▲菊池は耐え抜き、柴田はスタミナ切れの状態に。


▲怒りのランニングエルボー!


▲ダウンした柴田にダイビングヘッドバット!


▲勝利を確信して油断したのか、柴田にバックをとられる菊池。


▲スリーパーから、、、


▲PKェェェェェッ!


▲フォールするもニアロープ。そこで柴田は菊池を引きずってリング中央へ。


▲リング中央で絞め。菊池には返す力は残っていなかった。


▲観客満足度…76%。個人的には一番白熱した試合でした。



第五試合 6人タッグ 1/45
三沢・小川・秋山 VS 金丸・橋・丸藤

…ヘビーVSジュニア、師弟対決、これぞノアの”挑戦!”だ!!


▲さっそくベテラントリオにつかまってしまう、丸藤。


▲弱った丸藤に容赦なくエクスプロイダーを決める秋山。


▲橋が丸藤を助けて、秋山にモンゴリアンチョップ!


▲さらに頭突きの嵐!


▲しかしエクスプロイダーであしらわれてしまう。


▲橋のアシストにはいる金丸。秋山に寝技を仕掛ける。、


▲ついに捕まってしまった秋山。ここで事件が発生!


▲試合権利のない金丸をつかみコーナーエプロンへ。


▲まさかの断崖エクスプロイダーーーーッ! 


▲リング内外ともに混乱状態に!


▲秋山の不意をついて逆さ押さえ込みにからめとる金丸。


▲場外へ逃げた秋山に追撃をしかける橋(後が怖いぞ…)。


▲小川がタッチをし、軽快なフットワークで若手を翻弄。


▲そして伝家の宝刀、バックドロップホールドへ。慌ててカットに入る金丸。


▲橋のブレーンバスターから、息を吹き返した丸藤がダイブ!


▲小川はフォールを返し、自コーナーへ逃げようとするが、


▲丸藤につかまり、ピンチに。そこへ三沢がリングイン。


▲丸藤のダイブを失敗させ、自分は余裕のアピール。


▲エルボーから逆回転、そしてエルボー!


▲そのままフォールへ。位置も自コーナーに近く、勝利なるか!?


▲カウント2.9ギリギリでカットに成功。油断していた秋山、小川はコーナーに。


▲勝負どころと見たのか三沢は丸藤を起こして、ランニングエルボー!


▲そしてタイガースプレックスホールドへ。丸藤は足をロープにのばして脱出。


▲丸藤に気を取られていた三沢を金丸が急襲!


▲三沢をドラゴンスリーーパーに取る丸藤。


▲弱った三沢をコーナに振って不知火、、、とそこへ小川がカットに現れる。


▲勝負どころとみた三沢は、禁断のタイガードライバー91を敢行!


▲金丸らのカットも阻止され、丸藤は3カウントを聞くこととなった。


▲試合評価…80% ヘビー級のエース相手に奮闘が目立ちました。



第6試合シングル 1/60
鈴木みのる VS 杉浦

…鈴木の求める戦いに中年の星、杉浦が挑む。総合の経験のある杉浦がその刃物を
見せるのか? またGHCタッグのリベンジマッチでもあるのだ。


▲いきなりタックルを決め、マウントパンチを打ち込む鈴木。


▲さらにチョークスリーパー! このまま秒殺なのか!?


▲耐えた杉浦は、スギウラズリフトで応戦!


▲しかし消耗がはげしい杉浦は、ゴッチ式パイルドライバーを決められてしまう。


▲その後の鈴木の腕殺しは執拗だった。杉浦の傍線が続く。


▲鈴木の腕殺しにより、手が上がらなくなっている杉浦に注目。


▲杉浦、逆襲の飛びつき腕ひしぎ逆十時!


▲たたみかけるようにストマッククラッシャー!


▲そしてさらに腕ひしぎ!


▲杉浦の猛攻はとどまることを知らず、オリンピック予選スラムへ!


▲場外に鈴木を落とすも、翻弄され逆の立場になってしまう。


▲逆上してイスを持ち込む杉浦。


▲イスを振りかざした所にタックル一閃! そのままマウントパンチへ!!


▲杉浦をしとめるかのようにフロントネックロックへ移行する鈴木。


▲耐えた杉浦は、二度目のオリンピック予選スラムで反撃!


▲そのままフォール! カウントは2!


▲起き上がろうとするところを腕ひしぎ! 杉浦はたまらずタップ。 


▲勝って見得を切る鈴木。一瞬の油断が勝負を決めた。


▲試合満足度…62% 鈴木の逆落としが見れなかったのが原因か?




第7試合タッグ 1/60
小橋・田上 VS 力皇・森嶋

…GHC王者となった力皇がいるW2に凸凹コンビが挑む! 小橋の情熱で
田上火山を爆発させることができるのか?! 力皇の快進撃は続くのか!?



▲先陣をかってでた力皇にケサ斬りチョップをたたきこむ小橋。


▲そして森嶋にはツープラトンブレーンバスター。好調な滑り出しだ。


▲小橋に触発されたのか、調子のいい田上。軽快なスピンキックから、、


▲スコーピオンデスロックへ。W2は防戦一方な展開に。


▲流れを強引に喉輪落としで持っていく力皇。


▲田上を退けても、小橋の鬼の攻撃がまっていた。


▲なんとか耐え抜いた力皇は倒れている小橋にボディプレス。


▲小橋もバーニングソードやチョップで応戦!


▲力皇もヒートアップ! ここで無双をくりだす!


▲力皇は森嶋にタッチするも、森嶋は急角度のバックドロップの餌食に。


▲たたみかけるように豪腕ラリアットからフォール!


▲森嶋、自力でキックアウト! カウントはギリギリの2.9!!


▲小橋の猛攻はさらに続く。ローリング逆水平から、


▲ハーフ、、、


▲ネルソォォォーーンッ!!! 森嶋絶体絶命のピーーンチ!


▲さらにタッチした田上がダイナミックボム。森嶋は返すことができるのか!?


▲力皇がカットに成功! ここからW2の逆襲なるか!?


▲森嶋とタッチした力王に秩父セメントの洗礼が!


▲なんとか2.9でキックアウトする力皇。小橋が田上の援護に入る。


▲田上火山の噴火は止まらない! 力王を引きずり起こして、、、


▲オレが、、、


▲田上ーーーッ!


▲森嶋のカットで救われる力皇。突っ張りで田上の動きを止めようとする。


▲が、田上の噴火は止まらず。田上火山恐るべし。


▲力皇、執念の無双! 田上火山鎮火か!?


▲さらに助けに来た小橋にも無双を敢行するが、、、


▲まさかの田上復帰! ダイナミックキックで無双を阻止! 


▲そのまま場外へもつれこむ両タッグ。


▲場外で小橋のバーニングソードを食らってしまう力皇。


▲リング内で森嶋がツープラトン攻撃を受けてしまう。


▲小橋と森嶋がコーナーに戻った機を見計らって、力皇がパワーボム!


▲しかし、小橋がカット&マシンガン袈裟斬りチョップ!


▲田上とタッチした小橋をなぎ倒す力皇。ここで無双のアピールだー!!


▲引きずり起こして、、、


▲トドメの無双だー!!


▲が、小橋も執念でクリアしチョップで応戦!


▲無双でトドメをさせないと見るや高角度パワーボムにとる力皇。


▲自コーナー側で決めたので、森嶋がカットの阻止に成功! 小橋をピン!


▲試合満足度…80% 森嶋がパッとしなった分、力皇の強さが際立った。






〜興行結果〜

▲武道館は超満員! 興行満足度は74%でした。