×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜「太平戦記」〜 プロレスリングBASARA興行
6月30日(木) 武闘館 5462人(満員)



6月シリーズは武闘館での興行となった。試合数が少ないながら、PWCの乱入劇や
翔天隊の活躍もあって、タイトルマッチの行方を追って多くのファンがつめかけた。
 そして試合前に翔天隊がリングをジャック。ブーイングの中、翔天タイムが行われた。

KAZU:
まぁまぁ。落ち着いて落ち着いて。
さぁ!プロレスリングBASARAのみなさん、こんばんわっ!
う〜ん、声が小さいね〜。
ということでぇ〜・・・

俺達の名前をしってるか〜っ!(し〜ん)
俺達の名前を言ってくれ〜っ!(し〜ん)

・・・

東城:
おいおい、ちょっとノリがわるいんじゃね〜の?

KAZU:
まぁまぁ。
まぁ俺達の顔も知らない人も、いるだろうから、
ここいらで自己紹介とシャレこもうじゃないの。

ショー:
いえ〜い

KAZU:
まずはこの方。
我らが翔天隊のボスこと、ザ・ゴッド・とうじょ〜っ!

東城:
(満足気な顔)

KAZU:
この方は顔はこ〜んなに恐いけど、
実はプードルを飼っている心やさしい方なんだ。
そのプードルの名前はミリーちゃんだ。
俺を見かけると噛みつくけどな。
東城さんの必殺技は強烈無比なダイビングセントーン!
この体格で3m以上の高さから降ってくるんだ。
いってぇのなんの。

東城:
(マッチョポーズを見せ、満足気な顔)

KAZU:
次は俺の相方、ショー・ヒガキ!

ショー:
いえ〜い

KAZU:
で、そして俺が・・・

ショー:
ちょ、ちょっとちょっとっ!

KAZU:
んっ?あぁなんか省いてもいいかなぁって。
それじゃとりあえず紹介だ。
正直シングルプレーヤーとしては、かなりしょぼい。
でもな、タッグパートナーだと、それなりに心強い。
足殺しもねっちこくて、俺が一番相手にしたくない相手だ。

ショー:
いえ〜い

KAZU:
おっほん。それじゃ改めまして・・・
そして、俺がぁ〜っ!


興行開始を告げるBASARAのテーマ曲が鳴り響き、KAZUの言葉を遮る。
第1試合に出場するBASARAの若手が走り込んでくる。
3人でリング上であたふたする。
それで、試合開始。

第1試合「若手対抗8人タッグ」

c01ae9b8.jpg「太平記」最後の配信は
各団体の若手による8人
タッグ。活きのいい試合で
第1試合から観客を盛り上がらせた。
   続きを読む






▲デビュー間もない鬼小島を加えながらも、息の合ったところをみせるヤングバサラたち。



▲ファイクラの長崎のレスリングセンスが今回も光った。
低空タックルからのサソリ固めに観客席から思わずどよめきが。



▲アルプロの有里はひとつひとつの技が気合十分。BASARAでもすっかり人気者に。



▲戦慄の必殺技・スパイラルを決め、さらにヘッドロックを決める紫苑。自己主張をしてみせた。

〜試合後のコメント〜
直江:「(他の若手が付き人の準備で戻っていく中)いやー、今回は純潔メンバーなんで
    勝利を収めたかったのですが、自分がとられちゃいました。
    最後の回転するアレ(スパイラル)なんで今まで一度もくらったことのない衝撃でしたよ。
    試合前に話し合ってた連携はうまくいったんですけどね、ツメがあまかったですね。
    それでは失礼します。(一礼)」




第2試合「Jrロワイヤル」

b79f4251.jpg 成宮の保持する小覇王Jr王座
挑戦権がかけられたバトルロイヤル。
各団体から次々と挑戦者が名乗りを上げた。
果たして次期挑戦者は誰になるのか?
   続きを読む



▲ジュニアが行うバトルロイヤルだけに、激しい乱戦となった。


▲こっそり背後に近づき、バックドロップホールドを狙うKジョー。相棒のSジョーを狙うとは。


▲ファイクラ推薦粋の白河。必殺のスク−ルボーイで、あわやの場面を作り出す。


▲翔天隊もKAZUに続きたかったが・・・。



▲最後に笑ったのはKジョー。BASARAきっての策士が挑戦権を得た。

〜試合後のコメント〜
Kジョー:「翔天隊と協力? いやいや利用しただけだよ。頭脳戦ならどんな
       ジュニアにも負けない自信がある。王者はまだ若造だし、チョロイね。
      試合前にレガースに画鋲を入れたり・・・・、ハッハッハッ冗談だよ。
      (とりだそうとしていた、画鋲を再びしまいなおしながら)」




第3試合「BASARA対PWC6人タッグ」

2b7f6715.jpg BASARAとPWCのエースたちが
6人タッグで激突! そして
PWCがつれてきた謎のレスラー、
氷水剣の実力とは…!?
   続きを読む







▲古武術の使い手、氷水。巧みにケイトの打撃をとり、腕ひしぎへ。


▲ケイトはドラスクから四の字へと、格闘家殺しの黄金連携を見せる。


▲チームワークが不安視されたが、蓋を開けてみればうまく機能した。



▲はげしい腕のとりあい。一瞬も目が離せない攻防となった。



▲最後は、氷水のマウント掌低をあびてKO気味のケイトをボムにとらえて3カウントを奪った。

〜試合後のコメント〜
ケイト:「氷水選手ですか、、、なにか通じるものがありましたね。日本に伝わる武術の
    息吹といいますか。ボクはああいった試合もキライじゃないんで(微笑)
    最後のボムは覚えてません、、、マウント取られたあたりから真っ暗になって…。
    いつかシングルで、ゼヒ、、、ですね。」




第4試合「武田VS永田決着戦」

c24ed9ed.jpg 今シリーズのBASARA対PWCの
抗争で勃発した武田と永田の
因縁対決が実現。カイランダーズの
暴走隊長とPWCの天才肉体派、永田の
ボム対決から目が離せない!

   続きを読む





▲いきなり繰り出されたTDD。これには永田も観客も驚いた。



▲日本人離れしたパワーを持つ永田。長身の武田を持ち上げてみせる。


▲お互い断崖喉輪落しまでくりだした。超ヘビー級の試合を見せつける。



▲場外で得意のハンマー攻撃を繰り出すも、見栄をきっている最中に後ろから一撃…。


▲足元がおぼつかない武田を豪快に叩きつけ、永田が武田を破った。


〜試合後のコメント〜
武田:「あーいたた、イスか何かでなぐられて何も覚えてねぇや。
    最初の一発で決めるつもりだったんだけどなぁ…。
    あの青いのはよく耐えたよ。敵ながら天晴れだ。」




第5試合「Jrヘビー級タイトルマッチ」

4ffbe072.jpg 試合開始前の翔天タイムで始まった
シリーズ最終戦。そのエース格のKAZU
流星が若き王者・成宮に挑む!
前シリーズからの因縁に決着はつくのか!?
   続きを読む






▲キックからスープレックスとUを彷彿とさせる厳しい攻めを見せる王者。


▲KAZUはグランドに活路を見出そうとするが・・・。


▲王者の勢いは止まらず。初公開の雪崩式垂直落下ブレーンバスターを決めてみせた。


▲KAZUの丸め込みには定評があるが、運は味方しなかった。




▲最後は流れるように閃光魔術を決め、成宮がKAZUに勝利した。




第六試合「ヘビー級タイトルマッチ」

6d7e65e4.jpg 先月の鷲尾の戴冠から衝撃の乱入を
はたし、次々と挑戦者候補をその力で
なぎ倒していったヘラクレス。
その異常なまでの身体能力と、アメリカの
トップレスラーの技を自在に使いこなす
最強の挑戦者に鷲雄はどうでるのか?

   続きを読む



▲序盤の顔面ストンピングでヘラクレスがまさかの流血。


▲ヘビー級とは思えない跳躍力。ヘラクレスのドロップキックに会場がどよめく。


▲鷲尾もペース配分を恐れずに全力で挑む。伝家の宝刀でヘラクレス狩りだ。


▲ヘラクレスのロードロップキックを華麗にさばき、ダッシュストレートを見舞う。


▲最後は総合で養ったポジショニングから、膝を数発打ち込み、ヘラクレス討伐に成功する。


▲見事勝利を収めた、鷲雄は観客にアピール。